自然農による体験型農園

体験型農園とは従来の市民農園と違い、ただ一定の農地を貸すのではなく、農家である園主が作付け計画を作り実際に体験していただく農園です。ですので、土を触ったことのない初心者でも安心してご参加いただけます。

市民農園の栽培手法は有機農法が主流ですが、当園は自然農で栽培を行なっております。

料金と区画面積

個人区画:およそ3m×4m=12㎡

料金:月額8,000円

(税抜・月当たり・大人2名まで)

※3月~の1年契約です。

(冬季は2月はお休みですが12ヶ月分のお支払いになります。)
※入会金はありません
※ご入会時に1年分のご利用料の一括支払いとなります。

料金含まれるもの

【入園料】

日の出から日没までいつでもお越しください。

散歩したり、草・鳥・虫を観察したり、、、自由な過ごし方でのんびり自然を味わえます。

個人区画の管理・収穫作業はいつでも自由に行えます。

【個人区画土地代】

専用の区画で自然農を体験できます。市民農園とは違い2年目以降も同区画で継続できるので、自然農で重要な「土づくり」も楽しめます。

【設備使用料】

ラウンジには、テーブル椅子があります。作業に疲れたときやのんびり過ごしたいときにご利用ください。

【種・苗代金】

無農薬・無化学肥料の自然農に適した種苗をご提供します。

【農具・資材代金】

持ち運びしにくい鍬・三角ホーから、鎌・移植ごて・支柱・はさみ・・・農作業にはたくさんの道具が必要ですが、全てご用意していますので手ぶらでお越しいただけます。

 

【テキスト代】

自然農の基礎が学べるテキストをご用意しております。

【サークル活動参加費】

個人区画では栽培しにくいものをみんなで育てます。農産物によっては加工体験を行います。

【収穫物代金】

個人区画や各種サークルで育てた安心安全新鮮な収穫物は、もちろん全てお持ち帰りいただけます。

農園の施設

 

基本農具・ビニールハウス休憩所・駐車場などがあります。

手ぶらで気軽に農作業が出来ます。

 

【農具】

のこぎり鎌/はさみ/移植ごて/剣先スコップ/鍬(くわ)/レーキ/三角ホー/

収穫かご/支柱/麻紐

 

上記以外に農作業で使うものは各自ご持参ください。

持ち物は以下を推奨します。

★農作業用の靴/軍手(ゴムひきのもの)/帽子/タオル/着替え(夏季)/虫よけ/飲み物など

 

【ビニールハウス休憩所】

テーブル/椅子/靴置き場

【駐車場】

3台分ご用意しています。

メンバー専用事前予約制です。

お越しになる3日前までにメールにてご予約ください。

※駐車場が不足するようになったため、​現在来園時に駐車場利用が必須な方はご入会をお断りしています。公共の交通機関をご利用いただくか、近隣のパーキングなどをご利用ください。

 

運営方法

 

作付は農園側でご提案します。

 

【農法】

基本的に自然農法としします。

耕起は畝たての際に行ないます。以降の耕起は基本的にはしません。

 

【作付け計画】

こちらでご提案します。

 

【肥料】

化学肥料の使用はしません。

自然由来の肥料の代わりとなるようなもの「米ぬか」「籾殻」などは使用いたします。

 

【農薬】

化学農薬の使用はしません。

虫などは手で取るなどの対応を取ります。

酢などの天然由来のものは使用いたします。

※農園の近隣の畑では農薬・化学肥料・除草剤の使用がございます。

 

【水遣り】

基本的に天水に任せます。

発芽率の悪いもの、真夏の晴天か続くタイミングなどは一部例外として水遣りをします。

 

【種・苗】

種・苗等はこちらで用意いたします。

積極的に固定種の種・苗を使用します。

※苗は基本的に農園でお作りしているものですが、培土に肥料・薬剤が使用されている場合があります。

お配りする種はまれに種子消毒済のものがございます。

【資材】

自然にあるものを積極的に使用するようにします。

支柱なども近隣の竹などを代用します。

<ご契約までの流れ>

  秋~冬 随時ご見学受付

  2月 入会受付開始

  3月 ガイダンス・畝立て

なるべく1月までにご見学をお済ませください。

1月より入会受付をし、2月末日ないしは3月上旬に畝立てを行います。

3月畝立て作業日を過ぎた後、4月末日の間にご入会いただいた場合、春野菜の種まきは体験いただけますがジャガイモの植付けは体験出来ません。

© 2020 by GreenCircleFarm. Proudly created with Wix.com